計算式

r = √( λ*(d1・d2) / (d1+d2) )

フレネルゾーン(フレネル半径)とは

無線通信の見通し空間のことをフレネルゾーンと言います。
無線通信での見通しが良い、という意味は、送受信相互のアンテナが見通せるということではなく、このフレネルゾーンが確保されている状態のことを指します。
第1フレネルゾーンが確保されていれば自由空間での電波伝搬の理論値に近い結果となります。
また、第1フレネルゾーンの60%以上が確保できれば、理論値とあまり差異がありません。

高低差と障害物が無い平地の場合、アンテナの高さをフレネル半径0.6rの高さ以上にすれば、概ね問題ないと言えるでしょう。

※この計算結果は参考値です。
本ツールを使用したことによる、不利益、損害について、当社では一切責任を負いかねます。